セミナー開催支援により集客数が約2倍に!

京都で“大切な自分の家族の家を建てるのと同じ気持ちで取り組む”をキーコンセプトに営業している「株式会社ファンホーム」様。2020年よりSHO-SANがご支援させていただいている工務店様です。

「関わった皆様を幸せにできる工務店でありたい」という熱い想いを持っている、代表の布野様。その志には弊社も学ばせていただくことが多く、ファンホーム様にあったご支援をさせていただければと思っております。

お話を伺った方

株式会社ファンホーム代表取締役 布野 徹 様


「すぐにでも取り入れたい」と前のめりになりました(笑)

—SHO-SANに集客支援を依頼したきっかけを教えてください

以前から、実際にSHO-SANさんが支援されていた東京の工務店の社長さんとご縁がありました。その方は凄腕で、私は営業や集客の事などを色々と学ばせていただいていました。その社長さんから紹介していただいたのが、SHO-SANさんです。

その後SHO-SANの高谷さんとお話させていただき、東京のど真ん中で集客ができているという実績とセミナーやチラシまですべてバックアッ

プしてくれるという体制に惹かれ「すぐにでもやりたい!」と思いました。迷いなし・即決です!

「集客に課題がある」ということは、ずっと思っていたことです。ここからグッと受注数を伸ばすには何とか集客を増やさないと、と考えていました。

SHO-SANさんと出会ったときは独立5年目でしたが、ちょうど 次のステップ に上“”がるタイミング、上がらないといけないタイミングでした。まさに良いタイミングに出会えたという感じです。早くもなく遅くもなく、「今!」だと。

「ロジック」と「パッション」の歯車が合うように。集客数は2倍に!

—具体的にはどのような支援を受けていらっしゃるのでしょうか?

まだご支援いただくようになってから1年経過していないのですが、今はチラシやセミナー資料、営業資料の作成をサポートしていただいています。もちろん作成のみならず、それらによる効果の検証も含めてです。

弊社では、これまで相談会などはしてきたものの「セミナー」というものをしてこなかったんです。新しくセミナーを始めるとなると、構成や内容を考え、集客を考えて……と色々しなければならないと思うのですが、SHO-SANさんの場合、セミナー動画を送っていただいて、集客のためのチラシまで作って送っていただけて。要は、事前準備のすべてやってくれるんですよ。

1つ「SHO-SANさん、さすがだな」と思ったエピソードがありまして。最初に、セミナー周知のための投函チラシを作ってもらったときのことです。

弊社でもこれまでに、投函チラシを作っては撒いて……ということをしてきましたから「いきなり見た目と内容が変わったら、お客様が困惑するのでは?」「これで集客ができるものなんですか?」という質問をぶつけたんです。多少なりとも、うちのことを知ってくれているお客様はこの地域にいらっしゃるわけですので。

そうしたら「個別相談会は会社のカラーを出してもいい」「でもセミナーについては、あくまで中立的な立場で行うものです」という至極的確な回答が返ってきたわけです。だから「これまでのチラシと印象が変わることは問題ない」ということですね。

なるほどな、と。たしかに、集客手段によって対象者って変わるんですよね。「ほな、それで行きましょう」と即答しましたよ。それで、しっかり集客できているわけですから。やはりプロだなぁと思った瞬間ですね。

このときだけではありません。いつ、いかなる質問をしても、的確な答えが返ってくるんですよ。これまでに色々ご提案もいただいていますが「それ、ちょっと待ってくださいよ」というものは本当に1つもありませんね。SHO-SANさんには実績とそのデータがありますから、具体的な根拠をもとにした提案や軌道修正をしてくれるんです。

—具体的な効果や変わったことなどはありますか?

劇的に変わりましたよ。まず集客数が、軽く2倍……にはなっていますね。これまで相談会などしてきた中で、3~4組ほどに来ていただくのが一般的だったんです。

SHO-SANさんにご支援いただいたセミナーはというと、初回から7組かな。2回目が8組。最近、開催したセミナーは、許容量を超えてしまうので3組ほどお断りさせていただいたくらいです。

集客数が増えたことで、営業をかける対象となるお客様、つまり「管理客」の数が一気に増えました。それに伴って、受注数もすでに増えています。ご支援いただくようになってからまだ1年足らずですけど、最近の3、4棟は、SHO-SANさんにご支援いただいたセミナー、もしくはこちらもSHO-SANさんでご用意いただいた初回接客用の資料でプレゼンしたお客様です。

2020年、SHO-SANさんのご支援を受ける前ですね。コロナもあって、全く集客できない時期が5ヶ月ほど続いたんです。そのあと、立て続けにセミナーやご来場いただいたお客様が決まりだして。やはりセミナーなり資料なりを見せて、僕が実際に説得力のある言葉を伝えることが大事なんだなと思いましたね。

まずは「来てもらうこと」ですよね、工務店で大事なのは。集客さえできれば、ここからは割と僕の得意分野ですので(笑)ですから、ファンホームを知ってくれる人、話を聞いてもらえる人を増やしていただいたのは非常に助かっています。

SHO-SANさんのいいところって、ツールに頼りすぎないところだと思うんです。たしかに集客するうえでは、ロジックだったりスキームだったりも大事です。それは最近、身をもって実感していますからね。

でも、同時にパッションも大切なんですよね。やはり家を建てる方の心って、システムやマーケティングとか、そういうことだけでは動かせないんです。SHO-SANさんは「最後はパッションですよ!」ってはっきりおっしゃるんですよ。いい意味で他とは違いますよね(笑)そこがすごく好きなところですね、彼らの。

とはいえ僕は多分、これまでパッション、パッション押しすぎていたのだと思います。SHO-SANさんにご支援いただくようになって、うまくロジックとパッションの歯車が合うようになってきた気がしています。

「12棟受注」その先の「12棟完工」。これまで見えなかったこの数字が、今の目標です

—これからSHO-SANに期待していることをお聞かせください

弊社は僕と妻でやっている工務店なので、年間の目標が5、6棟とかだったんです。でも今期はすでに6棟が見えていますので、目標を「12棟受注」としています。そして来期は「12棟完工」ですね。これが近々の目標で、これを継続していきたいと考えています。

この数字が現実的になってきたことが、すごいことだと思うんです。そうなってくると僕と妻だけではしんどくなることが目に見えていますから、今は採用も考え始めています。もっと具体的な実績を作って「この会社に入りたい」「一緒に働きたい」と思ってくれるような会社に成長していきたいですね。

今ちょうど次の戦略として、SHO-SANさんにご支援いただきながらInstagram運用を展開しようとしています。SNSとなるとまた違った層にアプローチできるはずですので、とてもワクワクしています!

間もなくSHO-SANさんとのお付き合いも2年目に突入するわけですが、これからは集客の「入口」をさらに増やすこと、そして「打率」を上げていく施策にも期待したいです。どちらも上がる手応えしかないですよ、今。そう思わせてくれるようになったのは、SHO-SANさんの力に他なりません。これからも頼りにしていますよ!

Contact

お問い合わせ

商品について・会社についてお気軽にお尋ねください。

お問い合わせはこちら